現在の総記事数: 276件!

中国・深センがとんでもない大発展を遂げている件!

あなたは普段、中国に対してどんな印象をお持ちでしょうか!?

上海は発展しているとして、北京は天安門広場のイメージだし、山間部は水墨画のような世界が広がっている…、それが多くの人が持つ中国のイメージではないでしょうか!?

しかし今、深センがとんでもない変化を遂げて世界的な大都市になっているのです!

スポンサーリンク

深センの場所はここ!

そもそも深センってどこだよ!?って話ですが、香港の隣なんですね!

整然とした区画に地下鉄がたくさん走っています!

同じ縮尺で東京と比べてみると、こんな感じ!

どこまでが市街地か分かりませんが、この面積の中に1400万人もの人が住んでいるんですね。

ちなみに「深セン」で画像検索すると、高層ビルが整然と何棟も立ち並んでいて圧巻です!

1分で分かる深センの歴史!

わずか30年足らずで、人口が30万から1400万人になった深セン。
これほど急激な発展を遂げたのは歴史上、世界でも深センだけです!

かつては漁村でしたが、今では中国の名だたるIT企業が集まり、中国のシリコンバレーの様相を呈しています。

開発のスピードも相当速いようで、そのスピードはシリコンバレーを上回ります。

何しろ中国です、タブーも少く、大ざっぱに物ごとを進めて行くイメージのまんまのようですw

しかしITでは速さが超重要ですからね、そりゃあ伸びるって話です!

深センでは電子決済が当たり前!

日本ではなかなか普及しない電子マネーやクレジットカード。そんな私もようやく最近、クレカを使うようになりました。

自分が使うようになってから、レジで観察していると確かに現金払いの人が多くて驚きます。最近まで現金払いだったくせに笑

しかし深センではそもそも現金決済が出来ないくらい電子マネーが普及しています。市場でも野菜が置いてある横にQRコードがあって、それにスマホをかざして決済しているのです!

ホームレスもQRコードでお恵みを頂いているくらいです。
スマホを無くしたら終わりですw

シェアリングエコノミーも活発!

深センの街なかにはシェアサイクルがたくさん設置されています。
自分が乗りたいところでスマホのアプリを操作して乗って、適当なところで戻しておく。

これももちろんスマホなので、現金以上にスマホは大切なのです!

まとめ

深センの大発展を知ったのはつい先日ですが、もう1年以上前からネットの一部では騒いでいたんですよねorz

でもまだ知らない人が大勢いると思い、記事にした次第です。

画像が全くなくて申し訳ないのですが、いつか旅行して、自分自身の目で見て確かめてきたいと思っています。

そのときはまた記事にします!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク