現在の総記事数: 271件!

ドラマ「エイジハラスメント」がヤバい! 武井咲にそれ言わせるかw

今回はテレビ朝日のドラマ「エイジハラスメント」です。

エイジハラスメント/テレビ朝日

年齢差別やセクハラ・パワハラ・モラハラなどのハラスメント(=嫌がらせ・いじめ)が渦巻く帝都物産。総務部に配属された主人公・吉井英美里(武井(えみ))は数々の理不尽と闘う女版・半沢直樹なドラマです。

先日、何気なくテレビをつけると初回の5分を見逃しただけで後は全部見ています(まだ2回目ですが)

そしてこれがグイグイと引き込まれる面白さなのです!

スポンサーリンク

まずは各種ハラスメントの説明を!

聞きなれないエイジハラスメント=エイハラですが、これは年齢による差別や嫌がらせ・いじめのことを言います。セクハラ・パワハラは定着した感がありますが、他にもたくさんのハラスメントが存在します。

  • エイハラ エイジハラスメント 年齢差別や年齢による嫌がらせ
  • セクハラ セクシャルハラスメント 性的嫌がらせ
  • パワハラ パワーハラスメント 職権(パワー)を利用した嫌がらせ
  • モラハラ モラルハラスメント 言葉や態度による精神的嫌がらせ
  • アルハラ アルコールハラスメント 飲めない人にお酒を強要する嫌がらせ
  • アカハラ アカデミックハラスメント 大学などで教授や職員がその権力を使って学生などに対して嫌がらせを行うこと。パワハラの一種。

ドラマと関係ないものも挙げましたが、こういったことに名称が付いて社会的に認識されるようになったのはひとつの前進でしょう。しかし色々ありますね。

様々なカタチの年齢差別

女性に対する年齢差別、それは主に年をとった女性に対する差別ですがその逆もあります。

若い女性に対して仕事の力量で評価しないのはある種の侮辱です。「かわいいね」と言ってる男性は良かれと思って言っている場合が多いはずですが、そう言い続けられれば真剣に仕事をしている人(=この場合、若い女性)は傷付きます。

また、それを聞いている周りの年取った女性も傷付きます。「もう私は若くないんだ」と。

このドラマではそんな理不尽と無神経な男社会、そして表向きは女性の社会進出を掲げる会社のタテマエが描かれています。

老いも若きも…2人の葛藤

主人公・吉井英美里(武井えみ)が配属された総務課。女性初の総務課長・大沢百合子(稲森いずみ)は美人で仕事と家庭を両立させていますが、内心では年齢的な焦りと英美里に対する穏やかならぬ感情が渦巻いています。

百合子は英美里の若さに嫉妬し、英美里は若さゆえに雑用を命じられたり軽んじられることに苦しみます。

その意味では会社のなかの男はラクです。何も考えず上司の言う通りがむしゃらに働けば、それなりに出世する仕組みになっているのですから。

しかし女は仕事以外で気を揉んで消耗するのです。少なくともこのドラマのような会社では。

リアルとデフォルメが程よい演出

このドラマ、リアルな描写とデフォルメ描写の配分が非常にウマいと思います。そこまであからさまなハラスメントは無いだろう、そんなことでそんなに嫉妬する?みたいなことを大げさに表現しているので、観ているこっちがハラハラします。

それぐらい臨場感あるドラマに仕上がっていて、毎回リアルタイムで見てしまいます。

このミスキャストがなんとも

しかし若くない自分に苦悩する女課長役の稲森いずみはどう考えてもミスキャストです。

武井咲と稲森いずみが並んだ()を見ても、稲森いずみが全く、本当に全く見劣りしません! しかしドラマの文脈的にはうら若き女子社員に比べて女課長が激しく見劣りしないとよろしくありません。

アラフォー女の苦悩が滲み出る迫真の演技をする稲森いずみ。しかしみずみずしい美しさがあります。これでは悲壮感がありません。

 

私としては武井咲より断然、稲森いずみです。

このドラマの文脈? そんなこと知ったこっちゃないですね!

15cmです

ヘンな方向に話がズレましたがこのドラマ、半沢直樹のようにおかしな会社組織に対して主人公の英美里がガツンとブチかます場面が必ずあります。

半沢直樹の「倍返しだッ!」にあたるセリフがあるのですが、これがヤバイ!

男性社員からのエイハラをはじめ、女性社員からも妬まれ、疎まれ、嫌がらせを受けて英美里は孤立し、消耗し、苦しみます。そしてガマンの限界に達します。英美里は腹をくくり、しばし瞑想ののち、目を見開き…、

 

ドスの利いた声で…

 

「てめぇ、五寸釘ぶち込むぞ!

 

(  Д ) ゚ ゚

 

うら若き女性、それも新入社員が…、

 

一流商社のオフィスで…、

 

ごすんくぎ!

 

久し振りにぶっ飛んでるドラマですw
半沢直樹に比べると小悪党にも満たない単なるハラスメント野郎やハラスメント女子?との戦いなのに…、

 

ごすんくぎ!

私は何の予備知識も無いまま、寝っ転がってこのドラマを観ていたのでぶっ飛びました。

しかし五寸釘、調べてみたら15cmもあるんですよ!
しかも呪いの藁人形に使うわけですが…、

 

生身の、それも自社の社員に直接使おうとするのがヤバイ!

 

更に言えば…、

 

武井咲は全日本国民的美少女コンテスト出身ですからね!

 

その武井咲に言わせるかって話です。
これは久し振りにトンデモないドラマです。

まとめ

ということで今期一番のドラマは「エイジハラスメント」で決まり!
いや、他のドラマ見ないでテキトーに言うけど。

しかしそこまで言い切るにはワケがあります。ドラマのテーマ、テンポの良さ、最後の決めゼリフ…、これらが全て良くて観終わった後に「早く次も観たい」と思えるドラマだからです。

普段あまりドラマを観ませんが、これは今後も期待出来ます。

なお、こちらの参考記事もどうぞ!
捗る人生を送るために…! 謎の年齢制限に気を付けろ! その1
捗る人生を送るために…! 謎の年齢制限に気を付けろ! その2

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク