現在の総記事数: 271件!

iOSの更新はitunesが使える場所で行え! 更新失敗だと面倒ですよの巻

先日、外出先でiPod touchのiOS更新の通知が来ました。
その場で何も考えずに更新したのですが、これが結構面倒なことになって苦しみました。

今回はそんな失敗談です!

スポンサーリンク

更新がデキないのはどう考えてもひでぞうが悪い!

そもそも外出先で更新なんてするもんじゃありませんでした。iOS更新中はネットが切断されない環境で行うことが前提になります。

電波が途切れるとイヤなので、移動せずにその場でじっと待つことにします。

その時は気持ちの余裕があったので「ま、それもいっか」くらいの気持ちで更新ボタンを押しました。10分?20分?くらいハナ歌でも歌いながら待てば良いのですからね。

しかしこの更新、何故かうまく行かなかったのです。

更新状況98%くらいで…

…それ以上進まなくなりました。
更新中は真っ暗な画面にappleのマークと、そのすぐ下に更新状況を知らせるメーターが出ます。
メーターは順調に進んでいましたが、98%くらいの終わりに差し掛かって止まりました。
「進み具合いが悪いこともあるだろう」と思いましたが全く進みません。「これはおかしいぞ」と気付いて各種ボタンを押しますが無反応です。

で、iPod touchを接続しているWiMAX2+の機器を見ると、なんとWi-Fi接続が途切れていたのです!

ネットの電波はWiMAX2+の機器に届いていますが、そこからWi-FiでiPod touchに電波が届いていない。何故そうなったのかは分かりません。

とにかく、これ以上更新が出来ないことがハッキリしました。

リセットしてみると…

…相変わらずメーターは98%くらいからビタ1ミリ動きません。これはリセットするしかなかろうと電源ボタンとホームボタンの両方を長押ししてリセットしました。更新中にこんなことをして良いのか分かりませんが、事態を打開するにはこれしかありません。

そして電源を入れると、今度は真っ暗な画面にiTunesのマークとライトニングケーブルを指しないさいの図しか表示されません。画面をタップしても無反応です。

一度、iTunesが入っているPCに接続しないと、これ以上進まないのです。
自宅に帰らないとiTunesに接続することが出来ません。こうなると、ただちに自宅に帰りたくなりますが、20分後にこの近くで用事がありました。
モヤモヤしたまま自宅に帰らず目的地に向かいました。

いかに端末に依存していたかが分かる

こうなるとネットはもちろん、自炊した書籍も読めない、写真も撮れない、メールも出来ない、もうやることがありません。

普段いかにこの端末に依存していたかという話です。

一刻も早く復活させたいのですが、まだ用事はこれからです。ちょっとした不安を抱えたまま、用事を済ませた後、すぐ帰りました。

PCに接続し、itunesに繋いでみる

それでiTunesをテキトーにいじってiTunesに表示される更新に従って操作していたら、iOSの更新が出来ました。

アプリやデータが消えていることもありませんでした。
本当に焦ったけど、良かった!

ひでぞうのまとめ

今回、何故こんなことになったのかは分かりません。
原因も分からなければ、解決方法もすっきりとしません。
だから客観的な説明が出来ているとは思えません。

しかしこの記事でどうしても言いたいこと、それはiTunesが使えない場所での更新は止めたほうが良いということです。

なんせi-Tunesに接続しないと更新の続きがそれ以上進みません。更新完了までは端末の全ての機能が使えないのですから。

あまり参考にならなかったかも知れませんが、こんなトラップもありますぜ、ノートPCを持っている人は別として、そうじゃない人は外出先での更新は止めとけってお話しでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク