現在の総記事数: 273件!

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第20弾 北海道洞爺湖~知床羅臼

今回はテレビ東京・ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第20弾です。この番組を初めて見る人はローカル路線バス乗り継ぎの旅は神番組! 毎回ガチで楽しみwをお読み下さい。私がこの上なく熱苦しく愛を込めて魅力を語ってます!

なお、まだ見てない人はネタバレ注意です。

スポンサーリンク

3人で3つの岬を制覇しろ!

記念すべき第20弾は北海道洞爺湖(とうやこ)から知床羅臼(しれとこらうす)まで3泊4日でゴールを目指します。今回は特別ルールとして3つの岬で記念撮影をしなければなりません。さぁ、どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか!?

その3つの岬ですが、

  • 地球岬
  • 襟裳岬
  • 納沙布岬

 

地球岬しか読めませんorz

 

地球岬はいいとして、襟裳(えりも)岬、納沙布(のさっぷ)岬がそれぞれの読みかたです。アイヌ語が元でしょうから難しいですね。

マドンナは森尾由美!

今回のマドンナは森尾由美です。
このマドンナは文句言いまくりですが、嫌味がないのは発言にトゲがないからか?
それに文句があればガンガン言ったほうが視聴者としては楽しめますw

この番組は紆余曲折・逡巡・苦悩・決断・後悔・絶望・不撓不屈・歓喜がキーワードですから(多分)。

しかし気のせいか、森尾は蛭子さんに対して優しい気がします。

北海道ハンパ無い!

ロケは5月頃と思われますが、気温が4度とかで出演者は寒い寒いと言っています。

また、どの路線も長い! 2時間・3時間が当たり前です。
路線バスも長距離仕様でテレビがあってリクライニングできる椅子のバスまでありました。この旅は高速道路の使用が禁止されていますが、路線バスでこの設備ですからね。路線バスなのに途中休憩もあるし。もはや高速バスと変わりません。なので今回のバス旅はザックリで大味でしたorz

旅の醍醐味、ルート選択

この番組の醍醐味、それは3人で知恵を絞っていかにルートを選択するか、ここに尽きます!
正しいルート選択ができたときの爽快感、間違ったルートを選択したときの後悔と必死のリカバリ、見てるこっちまでハラハラするのが良いのです!

しかし北海道はバス路線が少ないのかルート選択の余地は少なく、一本乗ると次の都市まで行ってしまいます。よって、選択を迫られる場面がほとんどありません。これは詰まらなかった。

同じ北海道でも札幌なんかを経由するコースだと話が違ったのかも知れません。

だけどそれでも普通の旅番組より面白い! そうは言ってもハラハラする要素があるからです。目的の都市に着いても次のバスが1時間程であるのか、そもそも完全に行き止まりになったりしないのか、宿はあるのか。やっぱり手に汗握って見てしまうんですよね。

ある程度はスタッフが下調べをしているだろうから、完全に\(^o^)/オワタは無いにしても、良くも悪くもテレ東です。色んな意味でハラハラします。

なんやかんや言いながら、全部リアルタイムで見てしまいました。やっぱりこの番組は面白い!

次があるとしたら第21弾です。もはやルート的にネタ切れかも知れませんが、もっと続編が見たいと思うのでした。

まとめ

何をまとめるんだって感じですがw

北海道は意外と路線バスがあるんですね。
地域内の路線バスが普通にあるのはわかりますが、都市と都市を結ぶ路線バスも結構あることに驚きました。

今回は最短記録の4日目・午前中のゴールでしたが、そのぶん面白さは少なめでした。残念。

しかし総距離は1120km! 北海道は距離感がマヒしがちですが、調べてビックリ! 東京~福岡間がそれぐらいです。規模の大きなバス旅でした。

今回はグルメと絶景の旅番組で、ゆる~く見たい人には良かったんじゃないでしょうか?

でも次回は、

 

ハードなヤツ頼みますぜ、テレ東さん!!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク