現在の総記事数: 273件!

そうだ群馬行こうw 「い」伊香保温泉・日本の名湯 その2

伊香保温泉レポート・その2です!
前回は伊香保温泉郷に着いてロープウェイに乗って、雄大な群馬の山々を眺め、森歩きをするコースを紹介しました。
今回は温泉街の楽しみ方をお話しします。

スポンサーリンク

石段の温泉街・伊香保

伊香保は箱根や熱海と違ってとてもコンパクトです。しかし私がこよなく伊香保を愛する理由はこの石段にあります。
2015-5-2-ikaho-0810-2

この風情、他の温泉街ではなかなか無いと思います。
温泉街の中心に石段が365段もあって、その両側に温泉宿が軒を連ねていることで伊香保ならではの風景となっています。

今回は森歩きで「下山」してきたので、石段を登り切ったところにある伊香保神社からスタートです。

石段を降りて行きます。
2015-5-2-ikaho-0797-2

この風情が最高です。
2015-5-2-ikaho-0799-2-2

昔懐かしいみやげ物屋が軒を連ねます。
2015-5-2-ikaho-0807

結構、降りてきました。
2015-5-2-ikaho-0816

懐かしい遊びがあります。
2015-5-2-ikaho-0819

ゆるキャラ&泉質をチェック!

ようやく最下段に着きました。
このゆるキャラ、いしだんくんって言うらしいですが、そのまんまです。
2015-5-2-ikaho-0871

伊香保温泉は黄金の湯白銀の湯の2種類のお湯があります。こちらは黄金の湯です。

階段を流れる黄金の湯のアップです。
2015-5-2-ikaho-0884-2

指でこすると、
2015-5-2-ikaho-0885

指が黄色くなります。
鉄分でしょうか、温泉独特の匂いがします。
2015-5-2-ikaho-0888

私は何度も伊香保に来ているので、このお湯の匂いを嗅ぐと懐かしさを感じてしまうぐらいです。

石段は住所として使えますw

降りたからには登らないとってことで登ります。
今回の温泉旅行最大の目的である伊香保温泉露天風呂は石段を365段登り切って更に山道を進んだところにあるのですからorz

先に露天風呂に行かなかったのは、明るいうちに写真を撮りたかったからです!

しかしそんな私の心境や疲労困憊もどこ吹く風の無慈悲な案内に打ちひしがれながら階段を登ります。
2015-5-2-ikaho-0890

81段目お食事処・四季彩があります。ここでとんかつを食べましたが、ボリューム満点で美味しかったです。
2015-5-2-ikaho-0895

途中、ぐんまちゃんの活躍ぶりが華々しく掲示されています。
2015-5-2-ikaho-0914

いしだんくんにも頑張って欲しいところです!

212段目には岸権旅館(きしごんりょかん)が無料開放する足湯があります。
2015-5-2-ikaho-0924-2

伊香保特有の話ですが、石段が住所の変わりになるんですね!
家族や友だちとはぐれても大丈夫!
「今、212段目辺だから」って言えばすぐに分かります!

いざ露天風呂へ! ちょっとひと休みしてから

まだかなりありますが頑張って石段を登ります。
石段を登り切ったところにある伊香保神社まで行かず、そのすぐ手前を曲がると勝月堂というおまんじゅう屋さんがあります。
2015-5-2-ikaho-0931

この通り単品でもオーダー可能です。
@90円×2個
2015-5-2-ikaho-0932

美味しゅうございました!
2015-5-2-ikaho-0933

もらった案内に「温泉饅頭発祥」とあります。
ここが偉大なる日本の食文化!? 温泉まんじゅうの出どころだったとは!
2015-5-2-ikaho-0942

ここからは石段じゃなく普通の道になります。薬師堂の左の道を行きます。
2015-5-2-ikaho-0935

かねてから目を付けていたお宿が見えてきました。
伊香保に有名旅館は数あれど、なかなかの老舗です。
2015-5-2-ikaho-0938-3

門限も無さそうです。風通しも良さそうですね。
2015-5-2-ikaho-0938-4

しかし私は多忙です。せっかくのお宿ですが涙を飲んで東京に日帰りする決心をしました。

更に歩くと懐かしい感じのお店があります。うどん・そばの他に、鮎の塩焼きとかがありました。
2015-5-2-ikaho-0947

伊香保の見どころのひとつ、河鹿橋(かじかばし)が綺麗です。
2015-5-2-ikaho-0948

ようやく到着しました。
2015-5-2-ikaho-0961

伊香保温泉 露天風呂

温泉郷の温泉もスーパー銭湯も大好きですが、何が悲しいと言って、なかの写真が撮れないことです。

なのでリンクを貼っておきます。
伊香保温泉露天風呂

暖簾をくぐるとすぐ男湯があります。女湯は奥です。場内はとてもコンパクトな作りです。
鍵付きロッカーもあって安心です。
湯船は熱め・ぬるめの2つです。

洗い場は水しか出ない無慈悲さです。
石鹸もなければ鏡も無いので湯船に浸かるだけと考えておきましょう。

さて、湯船に浸かります。まわりは新緑の山々に囲まれているのですがすがしいことこの上ありません!
気になる泉質は「黄金の湯」鉄分独特の良い匂いがします。しかし肌をピリピリ刺すようなキツさはありません。
何度もお湯をすくって顔を洗い、心ゆくまで温泉を堪能しました。

伊香保温泉 石段の湯

実はもうひとつ温泉に行かなければなりません。
それは94段目にある伊香保温泉・石段の湯です(段数表示は便利だw)。

日が暮れかけているので急ぎます。
2015-5-2-ikaho-0966

この施設はトイレも綺麗で石鹸・シャンプーもあります。
しかし露天風呂はありません。
2015-5-2-ikaho-0975

伊香保温泉石段の湯

この温泉も「黄金の湯」ですが、先ほどの露天風呂と香りが少し違うんです。これはあくまで私の嗅覚ですが、紅茶みたいな上品な香りがするんですよね。
今回はそうでも無かったので残念でしたが、過去数回そんな香りがしたことがありました。

さて、帰りますか…

急に思い立った割に伊香保を満喫しました。コンパクトなのに見どころ満載な温泉街なので飽きません。
泉質も最高だし風情もある…。

これから1泊する人は翌日、少し足を伸ばして榛名山に行くと良いと思います。

◆2012年5月中頃に行ったときの写真です。
PICT0041

榛名山・山頂へはロープウェイで!
榛名湖はボートが楽しめます。
今はどうか知りませんが、馬に乗ったりもできます!

まとめ

「そうだ群馬行こうw」伊香保温泉はいかがでした?
今こうして伊香保の記事を書いてるときも私の伊香保愛はやみません。

関東周辺の色んな温泉に行きましたが、やっぱり伊香保なんですよね。

  • 朝イチで都内発→午前中あしかがフラワーパーク・午後伊香保のモデルケースをどうぞ!
  • 「つる舞う形の 群馬県」「伊香保温泉 日本の名湯」…この2つを覚えておくと群馬県民のフリができるぞ!
  • 寒冷地対策をして行くといいぞ!
  • 群馬の山々と無音の森林は本当に貴重だそ!
  • 石段の風情は本当にいいぞ!
  • 石段は住所としても便利だぞ!
  • 2つの温泉「黄金の湯」を心ゆくまで堪能してほしいぞ!
  • 1泊するなら翌日は榛名山・榛名湖がお勧めだぞ!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク