礼賛 一覧

超今さらだけど、書籍の「自炊」を語ってみるぞ! その2

前回は自炊の概要をお話ししました。
自炊って何だよwってところから、自炊道具やバックアップに関する考えかたまでお話ししましたが、今回は自炊の作業のしかたから自炊の苦労メリット、そして実際のところをお話ししたいと思います。

続きを読む →


超今さらだけど、書籍の「自炊」を語ってみるぞ! その1

今回のテーマは書籍の自炊ですが、もうネットのそこかしこで語られていますよね。
一応、知らない人向けに書いておくと、書籍を裁断してスキャナで読み込んでデータ化する作業を自炊といいます。データを自ら吸い出すから「自炊」なんです。昔はネットスラングでしたが、今は「自炊」という呼称がすっかり定着しています。

そんな自炊ですが今さら私の出番など無いことは百も承知です。
でも、それでも自炊について一度、どこかでお話ししたいと思いましてね。

…ってことで技術的なことは他のサイトにお任せするとして、自炊することにしたいきさつから自炊して良かった事悪かった事を中心にお話したいと思います。

続きを読む →


聴かず嫌いは大損!ひでぞう流・クラシック音楽講座♪

以前、ブルックナーについてお話ししましたが、ブルックナーどころかクラシック音楽が好きな人はまだ少ないのが現状だと思います。

なんとなく堅苦しい、暗い、詰まらない、退屈…。そう思って近寄らない人が多いと思います。

でもそんなことはありません。そしてこれが聴かず嫌いだったとしたら…、こんなにもったいないことはありません!
続きを読む →


アントン・ブルックナー その2

前回では音楽室に肖像画がない大作曲家・ブルックナーを紹介しました。

氷のように冷たい世間の評価
に対し大絶賛する記事を書きました。もちろんその流れは続きます。

ではブルックナーの音楽、何がどれだけ凄いのか?
いよいよ今回はその魅力をお話しします。
続きを読む →


アントン・ブルックナー その1

プロフィールにも書きましたが、私は、

大作曲家・ブルックナーの大大大ファン

Bruckner

…です。

検索で辿り着いたマニアファンの皆様には説明不用だけど、知らない人のために簡単に説明します。

アントン・ブルックナーは1824年生まれのオーストリアの大作曲家。
生涯に交響曲を9曲(うち交響曲第9番は4楽章が未完)と合唱曲などを残した。
その交響曲は大規模な構成と圧倒的な迫力、そして素朴さと美しさを併せ持ち、聴く者を魅了する。

学校の音楽室に作曲家の肖像画が並んでいたと思います。全員そうそうたるメンバーだけど、更に傑出した実力を持つブルックナー。
だけど少し様子がヘンなのです。

続きを読む →


スポンサーリンク
1 11 12 13 14