現在の総記事数: 271件!

断水をすっかり忘れてさぁ大変(T△T) 水が無いとキツいぞ!

先日、水道工事に伴う断水があることをすっかり忘れて外出しました。断水開始は23:30なのに帰宅したのは23:50、既に断水が始まっていて復旧は翌朝5:00です。

この暑いなかベトベトした状態だけでもストレスですし、この状態で布団に入りたくありません!

スポンサーリンク

案内の用紙を洗面に貼っておいたのにorz

断水があることは1週間前から告知されていました。家のポストにチラシが入っていたので、忘れないようにキッチンに貼っておきました。
dan-sui-1-3

日時や工事内容など細かに記載されています。断水当日は会社が終わったらさっさと帰ってシャワーして寝る…。それが実行されればなんということはなかったのです。

そのため目立つところに案内を貼っておきましたが、その日は悪友のY氏に誘われ二つ返事でOKし、家に帰らず新宿に繰り出したのでした。

こういう予定は手帳にも書いておくべきです。
いくらキッチンの目立つところに貼っても帰宅しなきゃ見ないのです。人間、いくつになっても学びがありますねorz

とりあえず歯磨きをする

まずは歯磨きします。洗髪をどうするかは頭が痛い問題なのであとでガンが得ます。歯磨きは普通に終了です。

私は災害に備えて2Lの水を常備しています。常に10本ほどありますが、2011年の東日本大震災以降に巨大地震がなかったので全く使っていません。しかし賞味期限が1年以上過ぎています。
dan-sui-7

その水を口に含むことに抵抗がありましたが、問題ないだろうと歯磨きします。

水は傷んでおらず歯磨き終了です。
あースッキリ!

だけど頭も身体もベトベト

このところ連日の猛暑です。この日は猛暑日で汗だくです。帰宅途中もシャワーをすることばかり考えていましたが、今は家にあるペットボトルの水だけが頼りです。

このまま床で寝て早朝に、とも考えましたが、今すぐシャワーしたい!

決心しました。
2Lの水を4本、風呂場に運びます。

まずは洗髪から

歯磨きで使ったのはコップ1杯・約0.2Lです。ほぼ8Lあれば何とかなると考えて頭を洗います。

水が少ないから?お湯じゃないから?シャンプーが泡立ちません。

水を足すと少し泡立つ気もしますがいつもと違います。そんな違和感を抱きながら洗髪します。

たかが水が出ないだけでこれほど不便だとは思いませんでした。
当然、両手で洗髪します。水を足そうにもペットボトルが滑ります。

貴重な水をぶちまけたら大変です。慎重に水で洗い流します。2Lのペットボトルを丸々1本使った気がします。いや、1本半は使ったかな?

かろうじてシャンプーが流れ落ちました。

身体を洗う

身体は水で流すだけにしようかと思いましたが、やはり石鹸で洗うことにします。
さっそく身体に少量の水をかけ、液体ボディーソープを手に付けて洗います。が…、

 

全く泡立ちませんorz

 

泡立たずベトベトでデロデロでコッテコテなボディーソープを塗りたくっている感じです。

適度な水が無いとボディーソープは泡立ちません。それもそのはず、ボディーソープ8:水2ではボディーソープがほんの少し薄まるだけですからね。

しかし水は貴重です。なのであまり使いたくありません。

豊富な水があった時代は昨晩23:30で終わりを告げました。

マッドマックスの人とか北斗の拳の人も大変だなぁと水のありがたさが分かります。だけど背に腹は変えられません。仕方ないので身体に水を掛けます。水で薄めたことで少し泡立って、ようやく身体を洗っている感じになってきました。

さて、今度はすすぎです。
ここでも大量の水が必要になります。結局、なんとペットボトル全てがカラになりました。頭と身体を洗うのに8Lの水を使い切ったのです。
dan-sui-5

女性で肩まで髪があれば8Lでは足りません。普段何気なくシャワーを使っていますが、こんなにも水を使っているんですね!

本当の非常時はどうすれば良いのか!?

…水が少ないときは濡れタオルで拭くなどの方法を採るべきだったのでしょうか?

その場合、石鹸を含ませたタオルで全身を撫で回し、次は別のタオルに水を含ませて石鹸を拭き取り、更にまた別のタオルで今度は仕上げとして水で拭く…、こんなふうにすれば水が節約できて身体も綺麗になったのでしょうか?

この辺のノウハウが無いのでひたすら貴重な水をジャブジャブ使って洗うより他ありませんでした。

少ない水をどう有効活用するか、普段から研究しておきたいものですね。

トイレの水圧が弱くなるぞorz

断水時でも1回ほどならトイレに行けます。タンクに水が溜まっていますからね。なのでトイレに行って小用を足して流しましたが、水圧が低くて流れにくかった。とても心もとない水流で不安でした。
…ということは、断水時は「大」は難しいと考えておいたほうがよさそうです。

ひでぞうのまとめ

もともと私の不注意で始まった今般の件でしたが、水が使えないとこれほど大変とは夢にも思いませんでした。

また、水の常備があっても10L程度では身体を清潔に保つことすら難しいことも分かりました。

今回は水道工事による断水でしたが、災害の場合だと電気も止まる場合があります。そうなると更に汗をかきますからね。

今回は身体を洗うことのみに焦点を絞ってお話ししましたが、災害時は飲料水の確保が死活問題になるので注意が必要です。

いずれにせよ、たかが断水、されど断水を思い知った出来事でした。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク