現在の総記事数: 276件!

イーロン・マスクって知ってる!? 天才!超人!稀代の興行師!!

イーロン・マスク…、名前は聞いたことあるけど誰だっけ!?って人、多いと思います。

私もわりと最近この人を知って、調べてみるとトンデモナイ人だと分かって慌てて本屋に走りました。

どんな人!?

一言でいうなら、

 

超人!

 

です、間違いなく!

スポンサーリンク

30秒で分かるイーロン・マスク!

イーロン・マスクはネット決済サービスの『ペイパル』を立ち上げて成功しますが、すぐにペイパルを売却しました。

それから電気自動車の『テスラモーターズ』、宇宙ロケットの『スペースX』、太陽光発電の『ソーラーシティー』、などの世界的企業の会長やCEOに就任、次々と新しい事業に挑戦しています。

2018年5月現在、ペイパルの時価総額は900億ドルです!

2002年、イーロンが31歳のときにペイパルを15億ドルで売却しましたが、15億ドルもあったら左うちわですよね、仕事も引退して贅沢三昧ですよね!?

だけどイーロンにとって15億ドルは新たな事業のためのタネ銭だったのです!

そしてそのタネ銭で勝負して、テスラもスペースXもソーラーシティーも世界的企業に育ててしまうって…、

 

正真正銘のバケモノです!

 

いろいろ問題もあるけど、テスラのクルマはカッコいい!

テスラの自動車は電気自動車で、自動運転を目指しています。

すでに東京・青山とかにテスラの店舗があるんですよ!

テスラ青山

しかし一方で、自動運転で死亡事故を起こしたり、生産体制が整わなくて納車が延期になったりと、問題は山積みです。

私はイーロンを応援するいちファンですが、それでもハラハラしながら見ています。
何か問題が発生するたびに、この先生きのこれるのかと心配してしまいます。

このようにファンでさえ心配になるのですから、アンチはいつも「無理だ、出来ない、無謀だ!」と激しく非難します。

でも、イーロンは今まで様々な不可能を可能にしてきた男なのです。
イーロンは超人なんです、正真正銘のバケモノなんです!

まるで逆再生w スペースXのロケット!

宇宙ロケットを開発をするスペースX、…イーロンの壮大な野望を実現せんとする企業ですが、これが今、トンデモナイことになっています!

細長いペンのようなロケットを打ち上げて、何とそれが地球に帰ってくるのです!

youtube動画:
SpaceX’s Reusable Falcon-9 Rocket Launch, & Landing on Drone Ship

2:40くらいから着地しますが、まるで逆再生を見ているようです!
しかも! 着地する場所が海上のドローン船じゃないですか!!

しっかりした大地ではなく海上、それもドローン船という最先端テクノロジー…、

 

イーロン・マスク、半端ねぇ!!

 

イーロン男気伝説! 失敗もお見せします!!

youtubeの動画、逆再生じゃないかって思う人も多いと思います。私もそう思いましたから笑

逆に言えば、それだけ完璧な着地でそう見えるのですが、実はこの完成度を得るまでに何回も失敗しているのです。

しかしイーロンは失敗した動画もyoutubeで全世界に公開しています!

youtube動画:
Falcon 9 launch, landing & explosion January 2016

0:35くらいから着地失敗が見れます。

これを見ると、ロケットの着地がいかに奇跡的なことで技術的に難しいかが分かりますよね!!

ロケット着地はロケット再利用のため!!

イーロンがロケットの着地にこだわるのには、いくつかの理由があります。

ロケットが着地ができれば、地球上のどこにでも1時間以内に行けるのです。

将来「ちょっとハワイ行ってくる」って家を出て、1時間後に「着いたよ~w」って言ってるかもしれません!

そしてもうひとつの理由、それはロケットの使い回しができることです。

今までのロケットは事実上、使い捨てが当然だったので高コストでした。
そして「宇宙開発はお金がかかるもの」という「常識」ができてしまい、コスト意識や価格競争があまりない業界になっていたのです。

しかしイーロンはロケットの開発コストをほぼ10分の1にまで圧縮しました。

このコスト圧縮は革命的なことです。宇宙ステーションを造るには地球と宇宙を何度も往復もして物資を運ぶ必要がありますが、宇宙に物資を届けるには…、

現在のロケットのコスト:1kgのものを宇宙へ運ぶのに100万円。10tで約100億円程度。

出典:
我が国宇宙輸送システムを検討する視点(PDF)/内閣府宇宙戦略室

こんなにコストがかかるんですね!
しかしスペースXは激的なコストカットに成功しました。

こうなるとライバル会社も青ざめて価格競争が始まります。

こうして「宇宙開発にお金がかかるのは仕方がない」という「常識」まで塗り替えてしまったのです!

ハイパーループ構想って何?

また、イーロンは「ハイパーループ」という技術を育てようと頑張っています。

ハイパーループは減圧された筒状の軌道を乗り物が走るというもので、最高で時速1,220kmを記録しています。

ハイパーループ/Wikipedia

日本のリニアにも頑張って欲しいところですが、リニアの倍以上のスピードが出るハイパーループ…、やっぱりイーロンは半端ないです!

ロケットにクルマ!? その発想力がヤバいwww

2018年2月6日にスペースXは「ファルコンヘビー」という名前のロケットを打ち上げましたが、何がヘビーかってロケットの積載能力がヘビーなんです!

ファルコンヘビーは64トン近くの有効搭載量がありますが、これは競合他社のロケットの2倍で世界一です!

宇宙に重量物を持っていくのは技術的にもコスト的にも難しいですが…、

 

ここでもイーロンのアニキがやってくれました!!

 

youtube動画:
スペースX : 最強ロケット 赤い車が宇宙疾走(ロイター)

このファルコンヘビー、何が凄いかって…、

  • 世界一の積載量! それもライバル社の2倍!!
  • 宇宙空間に真っ赤なスポーツカー「テスラロードスター」を走らせる演出!!
  • ブースターと呼ばれる2本のロケットエンジンが同時に地球に帰還・着陸!!

もうね、凄い、凄すぎる!!!

最初、赤いクルマが宇宙に浮かんでいる映像を見て、何のことか全く分かりませんでしたからね!

で、これはCGでもなく、意図的にこういう演出をした事をしって本っっっっっ当に驚きました!

イーロンは稀代の起業家だけではなく、

 

稀代の興行師!

 

稀代のカリスマ!

 

なんですよ!!

 

クッッッッッッッッッソかっこええ!!!!

 

まとめ

イーロン・マスク、本当に凄い、ヤバい、カッコええ!!

これでもイーロン・マスクの凄さの半分も語ることができていないので、また記事にします。

テスラは色々な問題を抱えていますが、そんな危機でもイーロンなら乗り越えてくれるはずです。

ジョブズも天才でしたが、若くして亡くなりました。

しかしイーロンは2018年5月現在、まだ46歳という若さです。

今の時点で人類史に名を残していると言っても過言ではない、そんな人がまだ46歳!!

これからも期待できます。
どこまでも人をワクワクさせる男、それがイーロン・マスクです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク