現在の総記事数: 271件!

北海道・小樽の海の青さに想う 北の大地の短い夏

先日、札幌に行ったとき小樽にも足を伸ばしました。
海岸線沿いを走る列車、短い夏の海の青さ…。
全てが素晴らしかった!

スポンサーリンク

空が青い!

札幌から電車で小樽築港(ちっこう)に向かいます。
otaru-chikkou-2447

空が青い!
otaru-chikkou-2448

駅から大型ショッピングモールに続く渡り廊下です。冬場の寒さ対策で両面がガラスで覆われています。
otaru-chikkou-2450-2

ガラス越しですがショッピングモールが見えます。何もかもがひたすらだだっ広い。
otaru-chikkou-2451

海も青い!!

駅の廊下を出ると、この静寂。
otaru-chikkou-2453

と言いたいところですが、クルマが行き交う道路がこの下を通っているのでウルサイです。
otaru-chikkou-2454

しかし()的には静寂そのもの。
otaru-chikkou-2455

空が青いから海も青いのです。

北の大地の短い夏…

だからこそ、余計に愛おしいのでしょうか。
otaru-sea-2458

小樽築港の滞在時間は僅かでしたが、この海を見ただけで満足です。
otaru-sea-2459-2

先ほどから右上に白い光が写っていますが、これは電車内の蛍光灯です。
otaru-sea-2461-2

この電車は海のすぐ横、本当にすぐ横を走っています。
otaru-sea-2465-2

冬の厳しさを思い出す

…そんな景色がいくつかありました。
otaru-sea-2468-2

こんなに穏やかで澄んだ海。
otaru-sea-2471-2-2

しかし冬は打って変わって厳しい表情を見せるであろう小樽の海。
だからこそ貴重な夏です。

ひでぞうのまとめ

真夏、列車、青空、海、どれも大好きなものです。
この世に永遠が存在するかのような静寂、しかし実際は一瞬のような北国の夏。

そのギャップに切なくなりました。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク