現在の総記事数: 271件!

京都・東寺 古色蒼然の美 その1

今回は京都駅から約1.8km、歩いて22分ほどにある東寺(とうじ)です。
2015-09-kyoto-touji-3763

ここ東寺は五重塔が有名ですが、大伽藍の中の仏像も見惚れるほどの美しさがあるのです。

スポンサーリンク

五重塔がメインだけれど

ご覧の通り、東寺はかなりの広さがあります。奥にある五重塔から、写真・右の見切れているところが「慶賀門」です。今回はここから入場します。
2015-09-kyoto-touji-3730

あいにくの雨ですが、それもまた良し、です。
2015-09-kyoto-touji-3734

中はこんなに広いのです。
2015-09-kyoto-touji-3735

春には満開になるであろう不二桜

金堂・講堂拝観料@500円を支払い、更に進みます。尚、東寺ホームページによれば、特別展などもあるので、時期によって価格が変わるようです。

拝観のご案内/東寺
私が訪れたのは2015年9月、開花の季節ではないし、囲いで保護されている状態でしたが、満開になればそれは見事であろうと。
2015-09-kyoto-touji-3757

庭園を散策してみる

拝観受付所から五重塔までは日本庭園になっています。
2015-09-kyoto-touji-3760

池があり、ちょっとした回遊式庭園の趣きです。
2015-09-kyoto-touji-3768

園内の至るところから五重塔が望めます。このことが東寺独特の雰囲気を作り上げている気がします。

五重塔

そこには古色蒼然の美があります。

2015-09-kyoto-touji-3766-2-3

木の質感、古びた瓦、石造りの土台…、
2015-09-kyoto-touji-3770

京都というと雅で華やかなイメージが先行しますが、ここ東寺は本当にしっとりとした古都の趣きがで満たされているのです。

ひでぞうのまとめ

今回は京都・東寺の古色蒼然の美を紹介しました。
もちろん五重塔は立派ですが、この他にも広々とした庭園、そして次回で紹介する金堂・講堂の威容と中に鎮座する数々の仏像も一見の価値有りです。

東寺/世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

関連記事:
京都・東寺 古色蒼然の美 その2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク