現在の総記事数: 273件!

旧古河庭園の日本庭園はスゴイ! もちろん西洋館もね! その1

先日、穏やかな五月晴れのなか、東京都北区にある旧古河庭園に行ってきました。

ここは立派な西洋館とバラ園が有名ですが、同じ敷地内にある和庭園も素晴らしかったです。

スポンサーリンク

目の前に西洋館が!

JR京浜東北線・上中里(かみなかざと)駅を下車・徒歩7分のアクセスです。

旧古河庭園/公園へ行こう! – 東京都公園協会

kyu-furukawa-teien-1779

入るなり、有名な西洋館が見えます。
kyu-furukawa-teien-1787

いきなりといった感じです。
しかも重厚な石造りで存在感がスゴイです。

kyu-furukawa-teien-1797

西洋館は数あれど、この重厚さはなかなかありません。
石の色も暗いし質感も重めで堅牢そうです。

旧古河庭園はこの西洋館とバラ園がメインです。画像検索してもほとんどが西洋館の画像が出てきます。
kyu-furukawa-teien-1822

しかしッ!

タイトルにもあるように日本庭園が素晴らしすぎるので、西洋館はまたあとで紹介します。
ここからは日本庭園を散策します。
kyu-furukawa-teien-1858

西洋館を背にして日本庭園に進みます。

日本庭園は思ったより広くて本格的!

この石は黒ボク石積(くろぼくいしずみ)と言って富士山の溶岩とのこと。
kyu-furukawa-teien-1862

こういう荒々しい自然を取り入れながらも浮いた感じになっていません。苔もいい感じに生(む)しています。

すっかり自然のただ中って感じです。
kyu-furukawa-teien-1863

kyu-furukawa-teien-1869

日本庭園の真髄は水辺にあり!?

庭園の中央の大池は定番として…、
kyu-furukawa-teien-1873

鬱蒼とした木立ちのなかに滝もあります。
kyu-furukawa-teien-1875

滝があって池があるということは…、
kyu-furukawa-teien-1876-2

必然的に小川もあり橋もあります。

同じ水辺でも峻厳とした滝、チャラチャラ流れるお茶ノ水小川・穏やかな大池…、これだけの表情を作り上げることができるんですね。

また、小川には橋がつきものです。そこを渡るだけで心和むというもの。

園内にはこの他にも小川と橋がありました。橋はそれぞれ遊び心があって見て楽しい・渡って楽しいものでした。
kyu-furukawa-teien-1929

お抹茶はいかがでしょうか

木立ちの奥にひっそりと佇むかのうような。気になります。
kyu-furukawa-teien-1883

この庵でお抹茶をいただけます。
場の雰囲気を壊さない粋な受付でチケット@500円を買います。
kyu-furukawa-teien-1892

アプローチはもちろん庵も素敵でワクワクします。
kyu-furukawa-teien-1895

5月の新緑が爽やです。庵は近くで見ても落ち着く佇まいです。
kyu-furukawa-teien-1898-2

この古さと質素さですが、しっかりした材と造りは贅沢です。
kyu-furukawa-teien-1903

奇跡的にうまく撮れた1枚です。
kyu-furukawa-teien-1264

お抹茶は苦さが少なくまろやか?で飲みやすかったです。
しかしここは京都ではなく東京都区内、それも西洋館とバラ園がメインの庭園内ですよ!
旧古河庭園自体の入園料は@150円です。長年東京に住んでいながら今回初めて来たことが悔やまれます。

でも良いところだと分かったから、またしばらくしたら行こう!

石造りはやっぱり重厚w

日本庭園と水辺は切り離せない関係にあると思います。

私はお庭の愛好家だけど専門家ではないので詳しいことは分かりません。だけど水辺の無い日本庭園ってちょっと思い付きません。

そんなしろうと愛好家から見て、ここ旧古河庭園の水辺は素晴らしいと感じるのですが同時に石に対する思い入れもかなりあると感じました。

西洋館はもちろん先ほどの黒ボク石積、そして各所にある灯籠なども重厚です。
kyu-furukawa-teien-1881-2

kyu-furukawa-teien-1888

やたらデカいし!
kyu-furukawa-teien-1919-2

また、日本庭園の隅にある別邸?も…、
kyu-furukawa-teien-1889

…西洋館と同じ造りで重厚です。

そして…、

十五層塔!(  Д ) ゚ ゚
kyu-furukawa-teien-1922

画像・左下にあるのは最上階?の部分です。
危ないから取り外しるんですかね?

更にこの灯籠…、
kyu-furukawa-teien-1927-2

ゾウガメですか!

ってぐらいのデカさでしたw

この灯籠、雪見型灯籠っていう風流なものなんです。
kyu-furukawa-teien-1926-2

何がゾウガメだと(-△-;)

でもこのカタチの灯籠、金沢・兼六園にもありますが、小振りで水辺に雰囲気を添えるものだったんですけどね。
しかしここにある灯籠ときたら、やっぱりゾウg(自粛

まとめ

今回の旧古河庭園いかがでしたか?
本来、有名なのは西洋館とバラ園です。
しかし日本庭園だけでも素晴らしい価値があると感じました。

私は金沢・兼六園がもっとも素晴らしい日本庭園だと確信していますが、それに迫るものがありました。

途中、園内からビルが見えて少し残念でしたが、そのデメリットを遥かに超える素晴らしさがありました。

それにここは東京都区内ですからね。そんな環境でこの庭園は貴重です!

次回はいよいよ西洋庭園を散策したいと思います。
お楽しみに!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク