現在の総記事数: 271件!

あしかがフラワーパークは今が百花繚乱! 花と水辺が素晴らしいよ! その2

前回のあしかがフラワーパークの続きです。前回はパークまでの行きかたやパークの半分未満を紹介したので今回はその続きをお話しします。

雲ひとつ無い快晴の五月晴れで気持ち良く園内を周遊できました。

スポンサーリンク

うす紅橋を渡って

あしかがフラワーパークは水辺が素晴らしです。まるでモネの睡蓮(すいれん)のような風景が広がっています。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0952

橋の上に藤棚!
こんな風景はあしかがフラワーパークにしか無いのではないでしょうか。橋と同じく藤棚も優雅なアーチを描いています。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0954

うす紅橋を正面から見たところ。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0955-2

見上げたところ。このとき、はらはらと散る花びらが綺麗でした。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0957

橋からの眺めも素晴らしい!
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0958
ああ良かった、本当に早起きして来て良かった!
早起きほど嫌いなものはありませんが、しみじみそう思ったのでした。

バラや「きばな藤」はこれからです

バラはまだ季節じゃないのでこれからのようです。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0959

たぶん来月から本気出すんだと思います。

で、ちょっと検索したらありました。
バラの咲く島&色の競演/あしかがフラワーパーク

早ければ今月から本気出す感じです!
だってほら…、
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0963
準備してるでしょ!

きばな藤のトンネルも準備中です。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0965

こっちももう少しで本気出しそうな感じです。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0967

飽きさせない工夫がいっぱい!

パーク内は起伏と変化に富んでいて本当に飽きません。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0968

また、水辺の作り方が非常にじょうずだと感心することしきりでした。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0971

こういう小川も良いですね。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0980

普段なかなか見れない沼地…、水面ギリギリまで木の枝が迫っています。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0984

計算し尽くされた現代の回遊式庭園!

水辺は和みますね。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0990

そして絵になります。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0991

新緑の都内の公園ですらテンションMAXの私ですが、このときもそんな状態でした!

しかも歩いて見て回っているうちにこのパークはかなり凄いほうに属するのではないかと思いました。テーマパークは数あれど、ショボいところやテキトーなところって結構ありますよね?

しかしここあしかがフラワーパーク作り込みは尋常じゃない!
単に「お花たくさん植えましたーw」みたいな感じじゃない!

花の植えかたはもちろん、その花がいつ咲くのか、水路はどう巡らせるのか、美しい構図をどう作り出すのか…、全てが緻密に計算され尽くされた結果がこのパークではないかと思うのです。

こことか素晴らしいでしょ!
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0994

また、こうやって回遊して飽きさせない感じが金沢・兼六園に非常に似ていると思いました。

やっぱりメインは藤棚

メインの藤棚です。こんな注意書きがあったので…、
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0992

素直に従ってみます。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0993
素直に従った甲斐があったと言うものです!

水辺の藤は良いですね。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0995

そしてこれ!
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-0998

見事な藤棚ウォールです! 横から見るとこの通り。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1002-2-2

この出来栄え!
間仕切りの超一流メーカー小松ウォールも、これには新たなライバル出現とマークしたに違いないのです!

しかしこういうモノの仕組みが気になって仕方がありません。
ぐるっとまわって反対側に来たところですが、このようにいくつもの藤を壁に這わせるように成長させているんですね。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1009

白藤のトンネル、花の薫りが凄いぞ!

ここもメインコンテンツ?と言ったところ、白藤のトンネルです。
狭い道幅、人気エリアということで凄い人混みです。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1030

結構長い距離が続きます。
横に目をやると少し紫の藤が混じっています。
白をベースに紫藤と新緑の緑…、最高です!
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1033

なお、この藤棚はこんな仕組みになっています。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1034
この画像だと左側が藤の木、右側が通路です。
このように両側に藤の木を植えて、藤の花が通路上に来るように誘導しているんですね。

人も多かったですが藤の花の薫りが凄かったです。

フードコートもいい感じ

というわけで反時計回りにぐるっと一周し終えました。
ちょうどご飯が食べたくなったので、かなり早いランチタイムです。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1036

飲み物も冷えてます。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1039

栃木の贅沢丼@650円とソフトドリンク@150円です。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1042

更に別の場所にもフードコーナーがあって思わず追加で買いました。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1050

これ見たら買わないわけにいかないでしょう。メッチャうまそう!
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1052

アスパラガス@150円×2本とフランクフルト@350円。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1054

このすがすがしさのなかで食べると格別です。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1043

バーベキューもできます。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1045-2

2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1046

また、このすぐ近くにWISTERIAってレストランもあります。
屋内で落ち着きたい人はどうぞ。
2015-5-2-ashikaga-flowerpark-1055

所要時間をメモしておきます!

8:29に最寄駅のJR富田駅着、それからぷら~っと歩いて9:00前にパーク着、チケットを買ってゲートをくぐるとすぐおみやげコーナーで、ここで写真を撮りまくったので9:20ぐらいから園内を見てまわっています。

そしてうす紅橋の辺りで9:45ご飯を食べ終わって10:55分でした。

割とゆっくり歩いて写真もたくさん撮りましたが1時間強ってとこなんですね。もっと長居して、下手したらもうひとまわりしても良かったのですが、急に「そうだ、群馬行こう」になったんですよねw

で、群馬県は天下の名湯・伊香保温泉(いかほおんせん)に行ったんですよ。それはまた今度、詳しくお話しします!

まとめ

2回に渡ってのあしかがフラワーパークの詳細レポート、いかがでした?

本当に楽しかった! パークにいるときはもちろん、こうして写真を見返して記事にどれをアップしようか考えたりしてると、そのときどきの気持ちが思い出されるくらいです。

画像はほんの一部です。なんせ、この短時間の滞在時間に写真を398枚も撮ったのですから!

まだまだご紹介し切れないところもたくさんありますので、みなさんも天気が良い日に、藤の花が満開のうちに行かれることをお勧めします。

これは毎年定番の観光スポットになりそうな予感。
少なくとも来年のこの時期はまた行きたいと思います。

  • あしかがフラワーパーク、こんな楽園があるとは知らなかったぞ!
  • 今この5月が本当に最高です、急げ!
  • 入園料金は花の咲きぐあいで変動するぞ!
  • 藤以外の花・ツツジなんかも素晴らしいぞ!
  • 大藤はもちろん素晴らしいぞ!
  • 水辺の風景設計が最高だぞ!
  • これから本気出す植物もたくさんあるぞw
  • 藤棚ばかり取り上げられるけど、現代の回遊式庭園として比類無き出来だと思うぞ!
  • 藤の天井、壁、通路、…そろそろ藤の家が立つかも知れないぞw
  • フードコートも充実! 天気が良ければすがすがしいぞ!
  • 来年もまた行きたいぞ!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク