現在の総記事数: 273件!

六義園は広大で野趣溢れる特別名勝! のんびり散策はいかが!?

先日お話した旧古河庭園を見学した後、その足で六義園(りくぎえん)に行きました。

「その足で」と言うだけあって歩いて行きましたが、この2つの庭園は目と鼻の先なので1日で回ると捗ります。

旧古河庭園とはまた違った日本庭園でのんびり散策できました。
ではさっそく散策してみましょう。

スポンサーリンク

アクセスはこうです

JR京浜東北線・上中里(かみなかざと)駅から歩いて旧古河庭園に行き、そこから歩いて六義園に行きました。

なのでこのコースをお勧めしますが、最初から六義園に行きたい人はJR山手線・駒込駅で下車、南口から歩いてすぐです!
rikugi-en-2080

駒込駅を出て、この画像のちょうど中央、森のようになっているところです。
rikugi-en-2078

園内は広いぞ!

さっそく入園します。ここは特別名勝なんですね。
rikugi-en-1963-2

入ってすぐにコインロッカーがあります。100円返却方式です。
rikugi-en-1969

園内は広いので利用すると良いでしょう。

入るとすぐ突き当りになって、左折して散策します…。
森の奥深くへ進むような感じです。
rikugi-en-1974

前の御一行様は庭園ガイドさんについてもらっています。rikugi-en-1970-2

時間は限定されますが無料で予約なしでボランティアによるガイドが聞けます。庭園の謂われに興味がある人には良いかも。

まだまだ森が続きます。とても背が高い木で覆われています。
rikugi-en-1975

ざっと2~30mはありそうです。
このすぐ左側にはマンションが立ち並んでいるのですが、その部屋からはすぐ目の前に緑があって、これは贅沢です。
もっとも、虫がたくさん来そうではありますが。

まだ続きます。
rikugi-en-1976

竹林とかしだれ桜とか

竹林って爽やかで気持ち良いですよね。
rikugi-en-1979

しかし私はちょっとドキッとします
rikugi-en-1981-2

たけのこのダンナの悪夢、再びです!

今はシーズンではありませんが、こんなに立派なしだれ桜が!
rikugi-en-1984

満開だと素晴らしいと思います。

このしだれ桜も見なきゃいけないし、あしかがフラワーパークも行かなきゃいけないし!

来年は忙しい予感!

おまたせしました、ようやく日本庭園です!

コースにもよりますが日本庭園までがとても長いのです。
rikugi-en-1987

この画像を見てもお分かりの通り園内は本当に広いです。
私はこういう間延びした広さは好きではありませんが、これぐらいゆとりがあると落ち着くって人には良いのかも。

メインの池のほとりもこの通り。
rikugi-en-1994

都内でこの敷地!
どうしても現代的・資本主義的な見かたをしてしまいますが、そう言いたくなるぐらいの贅沢な広さ!
rikugi-en-1995

rikugi-en-1996

rikugi-en-1999

しかし水辺って落ち着くんですよね。

築山が結構高くて本格的過ぎるだろうとw

これ築山ってレベルじゃねぇぞ、ですw
この鬱蒼とした感じ。
rikugi-en-2013

築山なんてチャチなもんじゃねぇ、なんせここはなのです!
rikugi-en-2014

この(やぶ)のなか、更に上を目指します。
rikugi-en-2015

頂上からの眺めです。
rikugi-en-2017

結構高いですよね!

でも都内だから周りのビル群も見える無粋も伴う、諸刃の剣。
ま、それでも気持ち良いんですけどね。

水辺のお茶屋、やっぱり和む

私は休みませんでしたが、この和のしつらえ、良いですよね。
rikugi-en-2026

メニューは至ってシンプルです。
rikugi-en-2027

ペットボトルもあります!
rikugi-en-2028

うーん、ひと休みすべきだったか…。
rikugi-en-2030

人工美のせせらぎに癒される

私は小じんまりとして静謐な場所が好きです。
rikugi-en-2051

水面(みなも)に太陽光がキラキラと反射して綺麗です。
rikugi-en-2052

遠目に見える橋がまたなんとも言えません。
rikugi-en-2053

飛び石、…日本庭園の遊び心のひとつです。
rikugi-en-2055

ワニのような石がありましたが、特に名前はありませんでした。
rikugi-en-2056

「ワニ石」から少し離れた場所ですが、こちらも良いですね。
rikugi-en-2075

だけど基本は「手付かずの自然」

水辺を離れてまた歩くのですが、こんな感じで…、
rikugi-en-2058

どこもここも…、
rikugi-en-2061

モッサリしています。
rikugi-en-2062

池があってその周りは芝生があって整然としていますが、さらにその外周はこんな感じで「手付かずの自然」な感じです。
rikugi-en-2072

橋も野趣に溢れています。
rikugi-en-2076

まとめ

六義園の散策、いかがでしたか?
私は小じんまりとして庭師の技が感じられ、計算され尽くした人工美が好きなので、六義園より旧古河庭園の日本庭園が良いと感じました。

しかし六義園は鬱蒼とした森林が楽しめるし池のほとりも広々としているので、そういう雰囲気が好きな人には良いかも知れません。

時間と体力がある人は六義園と旧古河庭園、この2つの庭園をハシゴすると良いと思います!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク