現在の総記事数: 273件!

奈良のわびさび感は異常w その2 興福寺 そして古色蒼然の美

前回の奈良案内は極めて遺憾なことになりましたが、今回は興福寺の魅力をお伝えします。

大丈夫、この記事はビックリするぐらいマトモですからw

スポンサーリンク

奈良公園脇の興福寺へ 再建中の興福寺中金堂!

奈良公園の脇を通って興福寺に向かいます。
nara-shi-1999-2

興福寺中金堂は今、再建の最中です。
nara-shi-2003

このプレハブのなかには、
nara-shi-2007

瓦のご奉納(ほうのう)墨書(ぼくしょ)コーナーがありました。
nara-shi-2012

う~ん、なんとも現代的です!
nara-shi-2012-2

この巨大なシャチホコ的な瓦が大屋根の両側に据え付けられます。
nara-shi-2014

「シャチホコ的な瓦」の説明文です。
nara-shi-2013-2

こういう模型、いいですね。
nara-shi-2009

模型自体が芸術品です。
nara-shi-2011

かなりの作り込みようです。ちゃんと本物の木を使っています。
nara-shi-2010

興福寺中金堂の完成は平成30年・2018年です。
造っている工程も見ものですが、完成したらまた来たいものです。

そして興福寺本堂と五重塔!

素晴らしい威容です。
nara-shi-2018

ちらっと五重塔が見えます。
nara-shi-2006

そしてこの五重塔。
nara-shi-2022

この五重塔の前でしばし立ち尽くし呆然と見上げていました。
瓦と梁、そして柱にはずっしりとした重量感があります。堅牢に組まれた造りで幾百年の風雪に耐えたことを考えると感慨無量です。

野暮ったいとも言える色みの無さと無骨な荒々しさ、漆喰(しっくい)の白は土埃(つちぼこり)で汚れています。しかしそれすらも味。
nara-shi-2027-2

正真正銘の美、それは奈良にありました。

アナタは京都派!? それとも奈良派!?

そうです、私はこの興福寺、特に五重塔を見て感じたことをお話ししたかったのです(前回はすいませんでしたorz)

私は京都も好きですが、奈良は更に好きです。
nara-shi-1973

奈良の魅力、それは古色蒼然(こしょくそうぜん)の美。
nara-shi-1978

奈良には京都のような洗練と(みやび)はありません。
nara-shi-1977

街も京都と比べて小さく賑わいもありません。しかし古都・奈良はこれぐらいの規模・雰囲気が良いのかも知れません。
nara-shi-2032

すっかり奈良の魅力に取り憑かれてしまいました。かつて修学旅行で奈良を訪れたことがありますが、この歳になってようやく真の魅力に気がついた気がします。

興福寺国宝館の至宝

実は国宝館には入館しませんでした。時間が無かったのでポストカードを買って終わりにしましたが、こちらも古色蒼然の美があり実に味わい深かったです。

阿修羅像

凛とした眼差しでありながら、どこか穏やかなお顔をしています。nara-shi-1

天燈鬼(てんとうき)像

荒々しさと力強さが素晴らしい!
nara-shi-4

木造不空羂索観音菩薩坐像(もくぞうふくうけんさくかんのんぼさつざそう)

雅な色合いと古びた風合い、じっとこちらを見据えています。
nara-shi-3

厨子入り弥勒菩薩半跏像飛天(ずしいりみろくぼさつはんかぞうひてん)

天に昇る躍動感、とても木彫とは思えないしなやかさです。
nara-shi-2

まとめ

今回は古都・奈良のほんの一部を紹介しました。法隆寺や東大寺の大仏様、平城宮跡、古墳群などにも行ってみたいし記事にもしたい!

奈良の場合、見どころが広く点在しているので今後も機会があれば探訪したいです。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク