現在の総記事数: 273件!

高千穂峡に行ってきたよ! ボートで優雅に? 絶景を堪能!

宮崎県は高千穂峡に行ってきました。
6月の緑の中、気持ちの良い渓谷遊覧になりました。

スポンサーリンク

上からの眺めも凄いぞ!

冒頭の写真はかの有名な高千穂峡の様子ですが、上からの眺めも凄いんです。

ボートが渋滞気味ですが、酷い時はボートの待ち時間が数時間にもなるようです。幸い、この日は1時間待ち程度で済みましたが、それでもボートに乗って良かったです。

昔ながらの食事処

高千穂峡の上にはお土産屋や公園があり、実に良い雰囲気です。

季節限定でしょうか、流しそうめんもやっていて、昔ながらの雰囲気がこの場に良く合っていました。

公園から渓谷に至る道

この土産物屋一帯は公園になっています。

お池があって…、

涼しげなこの歩道を通り…、

…渓谷へと降ります。

渓谷沿いに遊歩道が整備されています。ここからあの有名な真名井の滝を望めます。

奇岩が生み出す絶景を満喫!

鬼八(きはち)の力石と呼ばれる奇岩です。重さ約200トンとも言われています。

こちらは仙人の屏風岩。

遊歩道を奥まで進むと、3つの橋がそれぞれの方向に向いている珍しい風景に出会えます。多少写真が暗いのですが、3つの橋、分かりますかね?

手前の柵は橋ではありません。白い建物から右にのびる橋、その上に緑の奥に少しだけ見える橋、そして一番上の橋です。

高千穂峡をボートで遊覧(&滝行orz)

いよいよボート乗り場に向かいます。

かなりの数のボートが見えます。高千穂峡は狭いので、ボート同士がぶつかったりしていました。私のボートも他の人のボートにぶつかりましたが、そこはお互いご愛嬌、会釈をして進みます。

上の画像の左端に見えるのは監視員の方が乗るボートです。万が一のことがあっても安心?ですね。

真名井の滝が見えてきました!

ここで注意すべきは、ボート捌きによっては思わぬ滝行を強いられてしまうことです!

真名井の滝の手前にごく小規模な滝がありますが、私はそこで図らずも滝行をしてしまいました。
ボートって岸ぎわに来るとオールが上手く使えなくて進退窮まりますよね?
まさにそうなりましたorz

少し濡れただけですが、スマホなど電子機器が濡れないように注意しましょう。

静謐な渓谷を行く

橋が見えてきました。橋を下から見上げるのは無性に楽しいです。そんな機会、そう無いですからね。

荒削りの岩肌と眩しい緑の対比が最高です。

素晴らしい絶景です。

まとめ

高千穂峡、いかがでしたか?
最近、TVや雑誌で取り上げられることが多い気がする高千穂峡ですが、少し足を伸ばして来て良かったです。

ボート、繁忙期は5時間待ちもあるようですが、時間が許す限りボートからこの絶景を見上げることをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク