現在の総記事数: 271件!

ひでぞうの瀬戸内礼賛・その9 真鍋島・3(岡山県笠岡市)

瀬戸内海の真鍋島は以前、2回お話ししています。

関連記事:
ひでぞうの瀬戸内礼賛・その7 真鍋島・1(岡山県笠岡市)
ひでぞうの瀬戸内礼賛・その8 真鍋島・2(岡山県笠岡市)

真鍋島の紹介はこれで最後になりますが、今回は取っておきの浜辺と美しい自然、そして日本の原風景をお楽しみ頂ければと思います。

スポンサーリンク

山を越え、三虎を目指す…

真鍋島の港・本浦港で下船し、左に歩いて山を越えるとそこに穏やかな瀬戸内の海と島があります。

写真は見切れていますが、海を左手にし、民家の方へ歩きます。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4248

三虎(さんとら)という島宿(しまやど)の案内が出ています。
山、と言ってもちょっと山歩きをする程度の山を越えると三虎があります。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4249-2

古びた民家がひしめき合うこの辺を歩いているとき、島歩きの醍醐味を感じます。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4250

少しキツい階段をのぼって

民家の脇から山へと続く坂道が延びています。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4252

振り返るとこんな感じ。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4253

決して歩きやすくはありませんが、しばらくの辛抱です。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4254

島の高台にのぼると木々や民家の脇から海が見えてきます。8月の猛暑のなか、この瞬間がたまらないのです。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4256

瀬戸内海国立公園

ここは瀬戸内海国立公園のただ中なのです。
この石碑と海!
2015-08-kasaoka-manabeshima-4259

小さな石仏、思わず写真に収めます。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4260

山と言ってもすぐに反対側に辿り着くことが出来ます。眼下に見えるオレンジ色の屋根が三虎です。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4262

廃屋と海

三虎の入口です。その奥に見える廃屋…、
2015-08-kasaoka-manabeshima-4266

なぜかこの廃屋に心惹かれます。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4306

朽ちていく人工物と、永遠と言える自然の対比…。
毎回訪れる度に胸が締め付けられるのです。

三虎前の小さな桟橋

三虎の目の前には小さな桟橋があります。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4268

言葉が出ません。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4270-2

こちらは三虎の遠景です。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4272

芝生にハンモック、そして海…。最高です。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4271

海の水もこんなに澄んでいます。美しい。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4274

蝉の声だけが聞こえる静かな浜辺

海を左に見て歩くと廃屋があります。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4287

真夏の昼下がり、人はほとんどいません。

海、岸壁、島…、ゆっくりとした時間が流れていきます。
2015-08-kasaoka-manabeshima-4288

ひでぞうのまとめ

島宿・三虎に至るまでの道のりと三虎周辺、…ただただ静かで穏やかな場所、聞こえるのは蝉の声ぐらい。
こんな場所が日本にあることに感動します。
やっぱり自然は最高です。

島宿・三虎
〒714-0037
岡山県笠岡市真鍋島2224
TEL 0865-68-3515

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする!


スポンサーリンク