礼賛 一覧

ひでぞうの瀬戸内礼賛・その5 鷲羽山(岡山県倉敷市)

瀬戸内海と瀬戸大橋が一望できて無料、そんな素晴らしい場所が瀬戸大橋のすぐ近くにある鷲羽山(わしゅうざん)です。
2015-8-setouchi-wasyuu-zan-3967-2

クルマを駐車場に駐めて少しばかりの山登りで、山頂には360度の大パノラマが広がります!
続きを読む →


ひでぞうの瀬戸内礼賛・その4 むかし下津井回船問屋(岡山県倉敷市)

今回は岡山県倉敷市、瀬戸大橋のすぐ(ふもと)にあるむかし下津井回船問屋についてです。
2015-8-setouchi-mukashi-shimotsui-4032

瀬戸内海を望む漁港として名高い下津井。
実は江戸時代から大正にかけて北前船で賑わった湊町であったという別の顔をもつ。
むかし下津井回船問屋は当時の回船問屋の1軒を修理、復元した資料館です。

むかし下津井回船問屋/公益社団法人倉敷観光コンベンションビューロー

要は歴史資料館なんですが、入館無料で館内展示も充実していて、お食事処もあるのです。寄らないテはありませんね!
続きを読む →


サイト運営の雑感 2015年9月 先月のオススメ記事はコレ!

今回は月初めなので先月・2015年8月を振り返ってみます。

先月は旅行記と社会問題が割といいバランスで書けたと思います。

旅行も小旅行から遠方の旅行まで、たくさん出来ました。なので今月もそんな記事をアップしていくつもりです。
続きを読む →


誰得!? 渋谷の街頭大型ビジョンの数をカウントしてみたw

今回は何の役にも立たないお話=誰得情報です。

この前、久し振りに渋谷に行って街の変わりように驚くとともに、街頭大型ビジョンの多さにも驚きました。

また、大型ビジョン自体の性能も進化しているようで、感激したのでところ構わず写真を撮りまくりました。

さて、それでは渋谷に大型ビジョンがいくつあるか見てみましょう。

あ、記事名に「カウントしてみた」とありますが実はカウントしてません。今回歩いた反対側の宮益坂方面にも大型ビジョンがあったはずですが、そっちは確認してないし。

…ということで、テキトーに見て、(少しは)考察したいと思います!
続きを読む →


ひでぞうの名曲喫茶探訪♪ その2 吉祥寺・バロック

以前お話した渋谷・名曲喫茶ライオンに引き続き、吉祥寺の老舗の名曲喫茶・バロックです。
kichijyouji-baroque-2671

このお店もライオンと同じくお気に入りで、一時期は毎週のように通っていました。
続きを読む →


市ヶ谷・亀ケ岡八幡宮 急階段の先が気になったので行ってみたよ

以前、この急階段を見たときから気になっていた市ヶ谷亀ケ岡八幡宮
ichigaya-jinjya-2015-08-2991

鳥居と石碑があるので神社なのは一目瞭然ですが、この階段を登る気にならず、行かずのままでした。

しかし先日、市ヶ谷に行ったときに意を決して階段を登ってきました!
続きを読む →


ひでぞうの瀬戸内礼賛・その3 御食事処・犬島Sato・Sun

今回は岡山県岡山市・犬島にある素敵な古民家の御食事処・犬島Sato・Sunについてです。
2015-08-setouchi-inujima-3854

関連記事:
ひでぞうの瀬戸内礼賛・その1 犬島(岡山県岡山市)
ひでぞうの瀬戸内礼賛・その2 犬島精錬所美術館

犬島には他にも数軒、食事処がありますが、ここSato・Sunは私のお気に入りで、のれんをくぐるのは3回目くらいです。
続きを読む →


ひでぞうのとんかつレポート・4 大むら(群馬県伊勢崎市)

今まで食べた中で最も美味しいとんかつが群馬県伊勢崎市にあります。しかしそのお店はそば屋でとんかつはメインではありません。
gunma-isesaki-2015-08-3295

だけどたまに食べたくなって、遠路はるばる食べに行くのです。
続きを読む →


ひでぞうの名曲喫茶探訪♪ その1 渋谷・ライオン

以前、名曲喫茶についてのお話をしました。

名曲喫茶はご存知!? レトロと名曲で至福のひとときを♪

shibuya-lion-2015-07-2833

今回は記念すべき第1回目として、渋谷の名曲喫茶ライオンを紹介します。店内は撮影禁止ですが閉店間際の時間に申し出て、特別に撮影許可をもらいました。
続きを読む →


ひでぞうの瀬戸内礼賛・その2 犬島精錬所美術館

前回、ひでぞうの瀬戸内礼賛・その1 犬島(岡山県岡山市)で犬島のお話しをしましたが、今回は犬島精錬所美術館の紹介です。

美術館と言っても絵画や彫刻の展示はありません。
犬島にかつて存在した銅の精錬所の遺構を巧みに使った建物と、瀬戸内の風景を絶妙なバランスで織り込んでいて、素敵な空間を形成しているまたとない美術館なのです。
続きを読む →


スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 14